いままでこれから

a0111182_17551318.jpg

先々月、
僕の幼少期に住んでいた街に足を運びました。
何十年振りでしょうか。

写真は僕がよく遊んでいた川。
よくザリガニや魚を取って遊んでいました。
僕の幼少期を重ねるように、
川に入ってはしゃいでいる子供を探したものの、
一人もおらず時代の流れを感じました。

見え辛いと思いますが、
左のピンクっぽい建物は僕が卒園した幼稚園。
写真には写っていませんが、
このまっすぐな道の右のフェンスの右に卒業した小学校があります。

懐かしい匂い。
懐かしい雰囲気。
懐かしい風。
懐かしい色。
そして懐かしい人...。

僕が住んでいた家の裏にあった駄菓子屋にふと寄ってみました。

僕の顔を見た瞬間、僕と分かって下さったようで、
昔話に花が咲きました。
二時間くらい話したかな。

当時と同じようにお菓子を売っていたおばさんが
その駄菓子屋の中のレジ横に座っていたのです。

20年以上振りの感動の再会。
いい時間をありがとうございました。
感謝ですね。
たまに夢にも出てくるくらい幼少期の印象的で大好きな場所だったのです。

さて、
前回更新したブログから、
約二ヶ月、時が経ってしまいました。
私事ですが転職をしまして、
今まで経験をしたこと無いようなことも経験したり、
人間関係がドロドロだったり...。
正直、相当へこみました...。
落ち込みました...。

しかし、
そこで支えになったのは家族や心友でした。
そして、僕のことを理解して下さって、
応援して下さる関西の上司の方々。

僕は関西の方とうまが合うようです。
最近の口癖は「西に足を向けて寝れません」です。

いろんな方の支えがあってこそ、
今の自分がここに立ち、
ここで生きていけます。
これは忘れていません。
忘れてはいけません。

感謝です。

いつか生まれくる自分の子供の名に「感」という字を入れたいくらい、
感謝という言葉も意識します。
感謝という言葉は僕の尊敬する祖父が僕に最初に教えてくれたコトバです。

僕はまだまだこれから。

したたかに強かに。
[PR]
by sakura-kimura | 2012-05-31 18:41
<< 六本木Super Delax 落ちるリンゴを待つな。 >>