カテゴリ:LIVE( 10 )

音のある生活再開

a0111182_10481336.jpg

久しぶりの更新です。

先日久しぶりに、バンド時代のオリジナルメンバー三人でライブをしまして、
というのもバンド時代にサポートギターでいつも参加してくれていた、
久保田さんの(通称 和尚)のイベントライブに呼ばれ、ぜひとも三人で参加してほしいとのことで、
今回の運びになりました。

いろいろとライブにするにあたり、
バンド活動時代によく通ってた街に行き、
あの頃良く使っていたスタジオでリハをして、
久々に使う道具や久々に使う用語や・・・。
感慨深いものがありました。
なんとも懐かしい気持ちといったところでしょう。


スタジオに行く為に久々に降り立った街はすっかり変わってしまって、
時の経過も感じさせます。

さてライブはなかなかの盛況振りで、
僕らの音楽に合いにきてくれたお客さんにも久々に合うこともでき、
これまた懐かしい気持ちになりました。

自分でびっくりしたことがあって、
当たり前なのでしょうが、
現役時代、どうしても自分の頭の中で
「このライブはこうするべきだ」
「この曲はこうあるべきだ」
「ここは自分が絶対にギターを弾かなくてはならない」
メンバーのピッチやリズム、チューニングが狂っていたらものすごく気になってしまったり・・・。
数えるときりがないくらいいろんなところに気を張っていたというか、
カリカリしていた自分がいました。

しかし、
今回、
第一線を離れ、
久々に三人でライブするにあたり、
そういう感覚が全くなく、
フラットな気持ちでライブに臨み、ステージに立っていました。
歳取って丸くなったのか、音楽が自分の生活の中で『趣味』に変わったからなのか。
以前の音とはきっと違う出音だったはず。
良い意味でも悪い意味でも…笑


また、
三人でライブをすることもありそうで、
次回までにはもう少しまともにギターを弾けるようにならないとな。
と自分なりの目標も立てつつ、
次のライブへと向かって行きます。

なんだかんだ言って、
音楽は素晴らしい。
自分の生活の中に久しく音楽は聞くことしかなかったのですが、
演者になる刺激もたまには良いかなと。
アドレナリン分泌しないと。

下の写真の左手は、
もう腐れ縁ですな笑
バンド時代からいつもお世話になっている久保田さんこと和尚です。
ボーカルはまた別のバンドのボーカルの稲川さん。
とてもいい声でいい歌歌います。ロックです。最高なライブでした。
今後またお世話になりそうな予感。
「早く音楽シーンに帰って来いよ!!」
と僕に熱く声を掛けてくれたあのコトバが忘れられません。




a0111182_10483194.jpg

[PR]
by sakura-kimura | 2015-01-18 10:50 | LIVE

久々の更新

a0111182_825491.jpg

先日、楽しいイベントにお呼ばれされ、
ひっさびさにギターを弾きました。
阿佐ヶ谷七夕祭りにて。

その時の模様ね。

ふわりふわり

中央線ライダー

僕のSuica推しと墨田区推しがうっとうしさ満点!!苦笑


素敵な仲間に囲まれ、
全くストレスのない空間でした。

最後に石原さんに撮影交渉をして快諾して頂いた一枚。
ドクターペッパー最高。
音楽仲間最高。

しかしながら、
僕の顔オール明けで死んでますね...。

もうすぐ夏も終わり。

じいちゃんの三回忌も終わりました。
夏が過ぎる頃に思い出します。
その時の記事。
[PR]
by sakura-kimura | 2014-08-18 08:43 | LIVE

六本木Super Delax

a0111182_2271267.jpg

友人のイベントにて。
ダンサーのななみさんと共演。
素晴らしいダンスはもちろんのこと、
スレンダーでお綺麗だこと。

去年も足を運んだこのイベント。
いろんなアーティストが集まって、いろんな感性を発表する。
いろんな国の人が集まって、なんともと不思議な雰囲気です。
[PR]
by sakura-kimura | 2012-06-04 22:13 | LIVE

カメラマンの情熱と愛情

a0111182_19112420.jpg

六本木。
友人のバンドのライブにて。
すごくいいライブでした。

やっぱりライブは生がいい。
生で楽器と声を振るわせて、
ダイレクトに客に伝える。
ごまかしなんて効かない。
僕も生の音楽に長年携わってきた。

今の日本の音楽はその「生」が少な過ぎる。
せめてライブは生にこだわってやってほしい。

生の音楽の良さを知らないまま死んでいくなんて哀しい。


この日、
素敵な写真家の女の子に出会いました。

「その音楽を被写体にするならその音楽を信じて」

彼女のブログにこんな言葉がありました。
僕もライブの写真を撮っているので、ものすごく共感します。

写真の撮り方に愛情と情熱を感じました。
また会えたらいいな。

カメラ:Nikon D300s
レンズ:Tokina ATX 12-24mm F4
[PR]
by sakura-kimura | 2011-06-19 19:25 | LIVE

夕焼けランプ

a0111182_20203525.jpg


a0111182_20204634.jpg


昔から仲の良い友人バンドのライブ。

それはもう、
生の音に包まれ
感性豊かな素敵な人たちに囲まれ、
素敵な空間でしゃれたビールで乾杯して、
最高に幸せな時間。

a0111182_20302138.jpg


a0111182_20245559.jpg


カメラ:Nikon D300s
レンズ:Tokina ATX 12-24mm F4
[PR]
by sakura-kimura | 2011-06-19 19:20 | LIVE

神様どうかお許し下さい。

a0111182_21344758.jpg


「半熟卵」  

作詞作曲 松安知行


なんだかんだ言って 本当のとこは 君がいなきゃ何もできない男
どんな顔したって 僕のおでこにゃ 「君にゃかなわない」って書いてる

My Girl Friend 君の瞳に まっ白い雲が流れてた昼下がり

昼下がり 公園のブランコの上 あふれる ふるえる 僕の胸
ふり向かないで ほんのちょっとだけ 君の背中と話がしたい

My Girl Friend あの日からずっと ドキドキ鳴って ふるえてる僕の胸

胸の奥の扉をたたく 眠れぬ 青春小僧
言葉にできない想い ぶつけあった俺達のキャッチボール

Nice My Brother おまえ何してんだ
なんだか最近 世の中おかしくないか

世の中 みんなして 指さして 右よし左よし ほら 信号無視
毛虫の嫌い人達が ピンクの花びらに群がる

My Life そんな人生 まっすぐ根っこ張って歩きたい

海は広いな大きいな 半熟卵がとけてく
甘えたい 抱かれたい 眠りたい あなたの腕の中で

Nice My Mother あなたの子供として
Nice My Father 生まれてよかった

神様どうかお許し下さい あなたより大切な人ができました
あなたにもらった命に 心をくれた人です

My Girl Friend 生まれる前にどっかで君と出逢ってた気がするんだ
My Girl Friend こんな世の中に まっ赤に咲いた 一輪の花を

My Girl Friend... Nice My Brother...
Nice My Mother... Nice My Father...

My Girl Friend
Forever...
[PR]
by sakura-kimura | 2010-11-20 21:38 | LIVE

一歩一歩 各駅停車

a0111182_21212621.jpg

10年、この人と一緒に歌ってこれたことは、
僕にとっての宝であり、
誇りです。

客観的にライブを観て、
写真を撮って、
五感で感じて、
この人と歌ってきて本当に良かったと思い、
ふと安心する自分もいた。

でも、
今の時代、なかなか音楽業界も厳しく、
なかなか芽が出ない。

時代が悪いのか、
流行に乗ってない自分達の音楽スタイルが悪いのか。
そんなこと昔々思っていたら、

彼は僕にこう呟いた。

「見上げる夢に近道なし」
「やらなきゃいけないことをただただやればいいんだよ」

そんないつでも前向きな彼に幾度と無く助けられた。

いつでも太陽のような彼はいつまでも前を向いている。

松安知行
[PR]
by sakura-kimura | 2010-11-20 21:31 | LIVE

a0111182_21172792.jpg

しかしながら、
いつも気持ち良さそうに歌よな。
[PR]
by sakura-kimura | 2010-11-20 21:19 | LIVE

生きた歌

a0111182_21442133.jpg

渾身の歌を歌い上げる。

嘘でなく、唄で泣く。


この四枚ともに、
カメラ:D300s
レンズ:Nikkor AF VR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
[PR]
by sakura-kimura | 2010-11-20 21:15 | LIVE

My Stage

a0111182_14111411.jpg


僕の職場です。

この椅子に座って、
ギター弾いたり、コーラスしたり、ハモニカ吹いたり。
時にはベースもね。

ライブハウスの匂いがとても好きです。
[PR]
by sakura-kimura | 2009-04-10 14:14 | LIVE