いままでこれから

a0111182_17551318.jpg

先々月、
僕の幼少期に住んでいた街に足を運びました。
何十年振りでしょうか。

写真は僕がよく遊んでいた川。
よくザリガニや魚を取って遊んでいました。
僕の幼少期を重ねるように、
川に入ってはしゃいでいる子供を探したものの、
一人もおらず時代の流れを感じました。

見え辛いと思いますが、
左のピンクっぽい建物は僕が卒園した幼稚園。
写真には写っていませんが、
このまっすぐな道の右のフェンスの右に卒業した小学校があります。

懐かしい匂い。
懐かしい雰囲気。
懐かしい風。
懐かしい色。
そして懐かしい人...。

僕が住んでいた家の裏にあった駄菓子屋にふと寄ってみました。

僕の顔を見た瞬間、僕と分かって下さったようで、
昔話に花が咲きました。
二時間くらい話したかな。

当時と同じようにお菓子を売っていたおばさんが
その駄菓子屋の中のレジ横に座っていたのです。

20年以上振りの感動の再会。
いい時間をありがとうございました。
感謝ですね。
たまに夢にも出てくるくらい幼少期の印象的で大好きな場所だったのです。

さて、
前回更新したブログから、
約二ヶ月、時が経ってしまいました。
私事ですが転職をしまして、
今まで経験をしたこと無いようなことも経験したり、
人間関係がドロドロだったり...。
正直、相当へこみました...。
落ち込みました...。

しかし、
そこで支えになったのは家族や心友でした。
そして、僕のことを理解して下さって、
応援して下さる関西の上司の方々。

僕は関西の方とうまが合うようです。
最近の口癖は「西に足を向けて寝れません」です。

いろんな方の支えがあってこそ、
今の自分がここに立ち、
ここで生きていけます。
これは忘れていません。
忘れてはいけません。

感謝です。

いつか生まれくる自分の子供の名に「感」という字を入れたいくらい、
感謝という言葉も意識します。
感謝という言葉は僕の尊敬する祖父が僕に最初に教えてくれたコトバです。

僕はまだまだこれから。

したたかに強かに。
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-05-31 18:41

落ちるリンゴを待つな。

a0111182_2136164.jpg

新社会人おめでとう。
君は今どんな職場で出発の日を迎えたのだろうか。
それがどんな仕事であれ、そこには君の人生の出発点になる。
仕事とは何だろうか。
君が生きている証しが仕事だと私は思う。
大変なことがあった東北の地にも、今、リンゴの白い花が咲こうとしている。
皆、新しい出発に歩もうとしている。

君はリンゴの実が木になるのを見たことがあるか。
リンゴ園の老人が言うには、
一番リンゴらしい時に木から取ってやるのが、大切なことだ。
落ちてからはリンゴではなくなるそうだ。

それは仕事にも置きかえられる。

落ちるリンゴを待っていてはダメだ。
木に登ってリンゴを取りに行こう。
そうして一番美味しいリンゴを食べてもらおうじゃないか。
一、二度、木から落ちてもなんてことはない。
リンゴの花のあの白の美しさも果汁のあふれる美味しさも
厳しい冬があったからできたのだ。

風に向かえ。
苦節に耐えろ。

常に何かに挑む姿勢が、
今、この国で大切なことだ。

夕暮れ、
ヒザ小僧をこすりつつ一杯やろうじゃないか。

伊集院 静
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-04-05 21:51 |

東北道

a0111182_1919231.jpg

ボクは今 真夜中 東北道
北へ北へキミの街へ走ってる
何十台と連なっててく 消防車
暗闇に灯火を灯していく

それぞれのふるさと背にして
北へ北へキミへ届け ぼくらのハイウェイ
さっきは沖縄ナンバーだったよ
ボクを追い越してく タンクローリー
でこぼこ道も恐くないよ
キミの笑顔を浮かべてると
がんばらないで キミのまんま
待っててくれるかな

名も知らない小さなサービスエリア
食堂のおばさんがあたたかい
おにぎりを握ってくれたんだ
涙があふれる前に ボクはほうばった

ラジオから流れるニュースに
耳をふさぎたくなるけれど
ひびわれたこの道の向こうに
朝日は昇るんだ

空には星空ヘリコプター
キミの夜空を照らしてるよ
必ずキミに届けるから
僕らの流れ星

がんばらないで キミのまんま
あきらめないで ボクのまんま
僕らの歩幅で歩いてく
キミとボクをつなぐ一本道

作詞作曲 松安知行


僕はこの松安知行と相方として、
十年一緒に唄を歌ってきました。
彼は震災後、被災地に救援物資を届ける仕事をしていました。
その時に書いた唄です。
「東北道」

岩手県田野畑村という小さな小さな村に行ってきました。
村民4000人ほど。
その田野畑村に小さな小さな岩泉高校田野畑校という高校があります。
全校生徒は30人満たないほど。
毎年毎年その田野畑校の文化祭、田高祭のイベントとして二人で歌いに行っていました。

そんな田野畑校も63年の歴史に幕を閉じることになり、
その閉校式に参加する為に行ったのです。

いろんなドラマがありました。
涙腺緩みっぱなしでした。
非常に非常に濃い濃い時間でどれからここで伝えてよいか、
まだ整理が付かないというのが本音です。

3.11大きな大きな地震があり、
大きな津波も田野畑村を襲いました。

ものすごく思い入れのある土地ということで、
震災前から田野畑村のことが気になっていたのですが、
この震災の後はますます、
田野畑村のことが気になって気になって仕方がありませんでした。
たまに夢に出てくるくらい。

でも、
今回その田野畑村にやっとやっと行けました。
被災した田野畑村へ。

僕らが毎年泊まった羅賀地区にある「羅賀荘」は見るも無惨な姿へと変貌していました。
いろんなものが津波によってえぐり取られ全く以前の街の姿とはかけ離れたものに...。

正直ここまでとは思ってもみなかった被災の現実を見ました。
触れました。嗅ぎました。そして感じました。

当たり前のものが当たり前でなくなる。

これほど恐いことはないです。

もっともっと書きたいことは山ほどありますが、
まだ頭の整理も写真の整理もできていないので今日はこの辺で。

写真も1500枚くらい撮ったので、
小出しにしていきます。

最後に、
こういう出会いや経験は相方の松安知行なしでは得られなかったこと。
一緒に歌って来れたことを誇りに思うし、
感謝の気持ちでたくさんです。
そして、
僕らを田野畑に呼んでくれた、皆川桂輔氏
田野畑村、岩泉町の村民、町民の方々に心より感謝致します。

また必ず田野畑村に行きます。
大切な人と一緒に。

感謝。

a0111182_1958030.jpg

[PR]
# by sakura-kimura | 2012-03-05 19:58 |

泪橋

a0111182_20144099.jpg

祝日の泪橋

カメラ:Nikon D40
レンズ:Sigma 18-50mm f2.8 EX DC Macro
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-02-21 20:18 |

いろは会

a0111182_2041842.jpg

ほとんどシャッターの閉じている商店街。
所々細々とやっている店がある。
何とも昭和の匂い。錆びている。

その数少ない店に買いにくるのは、
日雇い労働者の寂しそうなおっちゃんたちばかり。
昔はこの街も活気があったんだろう。
何度かここを訪れたが、何とも言えない切ない気持ちになる。
この日、明らかに死んでるだろうなっていうおっちゃんがいた。
この街ではよくあることなのだろうか。
その横で違うおっちゃんがワンカップ大関を煽っていた。

地名が無くなった街、山谷。
日本堤、清川という地名になっている。
あしたのジョーのふるさと。

カメラ:Nikon D40
レンズ:Sigma 18-50mm f2.8 EX DC Macro
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-02-13 20:11 |

高収入じゃぱん

a0111182_17533336.jpg

原宿、神宮前交差点。

おやおや、
GAP跡地に複合商業施設を作ろうとしているよ。
原宿の新名所になるのでしょうかね。
GAPのままでもよかったのに、
家賃が高すぎて採算が合わなくて原宿駅前に移転したとなんとか。

カメラ:Nikon D40
レンズ:Sigma 18-50mm f2.8 EX DC Macro
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-02-09 18:00 |

いなくなる日まで

a0111182_1915543.jpg

昨日は母親の誕生日ということで、
ケーキを食べたりと祝いました。

ろくな親孝行をしていない親不孝者のドラ息子。
はい僕です。

ブログ越しで応援をしていたのですが、
最近知人の母親が亡くなり、
しみじみと両親のありがたみや尊さを考えるようになりました。

いつか必ず両親はいなくなります。
僕もいなくなる。

当たり前だと思っていることは、当たり前でなくなる日が必ずやってきます。

そして、
当たり前だと思っていることが一番ありがたくて、ものすごく大切で、
温かくて幸せなこと。

感謝感謝で生きていこう。

なんてね。

親孝行したい時に親はなし。
ですよね、大坪さん!

カメラ:Nikon D40
レンズ:Sigma 18-50mm f2.8 EX DC Macro
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-02-06 19:30 | 暮らし

無から形

a0111182_14414335.jpg

久しぶりに通りかかったら何も無くなっていた。
こういうのなんとも切ない気持ちになる。
次は何ができるのだろうか。

無から何かを作り出すことはものすごくエネルギーがいること。
でも何とか形になった時、
達成感と充実感、
大きな喜びに変わるだろう。
なんて、わかったようなことをある女のコに語ったりした。

初めてのiPhone4S撮影、写真記事投稿。

カメラ:iPhone4S
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-02-05 17:19 | iPhone

しこうき

a0111182_20455373.jpg

自宅から成田空港が近いのでよく飛行機を撮りに行きます。
完全自己満足の世界です。
母親の実家が沖縄であり、
僕の生まれが沖縄ということで、
幼い頃から空港や飛行機を頻繁に利用していました。

ということで、
空港や飛行機を見るのが本能的に好きになってしまったのでしょうかね。
あのでっかい鉄のかたまりが空へ飛ぶっていうのを間近で見れるのは圧巻です。

a0111182_20501861.jpg

どうかジャンボを無くさないでほしい。

a0111182_20511134.jpg

少し話題になった新型機 ボーイング787

a0111182_20521138.jpg


あーどこか外国に行きたい。

カメラ:D300s
レンズ:Nikkor AF VR 70-300mm f/4.5-5.6G
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-02-02 20:53 |

Nikon D40

a0111182_1821799.jpg

一昔前のカメラ、
Nikon D40を新納師匠にお借りしたので試し撮り。

直感、正直メインで使ってるD300sより良い。
ショック 苦笑

軽いは小さいは操作は簡単。楽。
気軽にサクサク撮れる。
600万画素っていうのもメモリーを食わないし気軽。
センサーもやはり、
CMOSよりCCDが独特の味があって良いです。
D80を手放さなきゃ良かったとこのD40の画像を見て後悔。

写真はJpeg撮って出し。
レンズはSigma 18-50mm f2.8 EX DC Macro
iso 200
f5
1/1250

昔から飛行機が好きだったので、
よくここには撮りにくるのですよ。
家から近いですし。

カメラ:Nikon D40
レンズ:Sigma 18-50mm f2.8 EX DC Macro
[PR]
# by sakura-kimura | 2012-01-16 18:33 | その他