夏の通り道

a0111182_2054309.jpg



「夏の通り道」
作詞作曲 夕焼けランプ Yunn

残る熱を惜しむように 空の高くから
揺らぎ舞い降りる風に 風鈴がりんとなく
今年もまた夏がゆく

強い日差しに向かって 開く花のように
胸に生まれし想いは あなたへと鮮やかに
今年もまた咲いています

ゆらりゆうらり 霞の先
今も変わらぬ ほほえみを
ぐるりぐうるり帰れるまま
二人の影はのびる 夏の通り道

人も唄もこの街も 空を渡る鳥も
みんなみんな流れ行く 時の川をさらさらと
けれど想いは いつもここに

ゆらりゆうらり 胸の奥で
ずっと消えない 炎になって
ぐるりぐうるり 朝に夜に
私を照らす ここは 夏の通り道

ゆらりゆうらり 霞の先
今も変わらぬ微笑みを
ぐるりぐうるり 日は巡って
あなたを想う それは 夏の通り道
ここは 夏の通り道






今年も夏が行きますね。

唯一今年見た花火。

亡くなった奥さんの為に、
個人で花火師を呼んで、
個人で花火を買って、
個人で消防署に許可を取って、
個人で仲間を呼んで大宴会をして、
個人で打ち上げた花火だそうです。

愛する亡き奥さんの為に打ち上げる花火。
それはそれは、
本当に本当に素敵な花火でした。


小さな田んぼを挟んで目の前に(真上)に打ち上がる花火は圧巻でした。
ブルーシートを敷いて、
その上に寝っころがって、
ビール飲んで。

来年も行きたい。


震災のことや、
この夏にじいちゃんが亡くなったんだなと想い、
少しウルウルしながら、空を見上げておりました。



a0111182_21204235.jpg

いろいろなことを偲んで今日は花火をしました。

8月31日はとても思い入れのある日です。

やっと夏の終わりです。

カメラ:Nikon D300s
レンズ:Tokina ATX 12-24mm F4
[PR]
by sakura-kimura | 2011-08-31 21:23 |
<< 15:08 ひぐらしの泣く頃 >>